スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当麻寺西塔は飛鳥時代の創建? 橿考研が新説(産経新聞)

 奈良県●城市の当麻寺の東西両塔(国宝)のうち、西塔の創建が定説の平安時代より古く、寺の創建と同じ飛鳥時代までさかのぼる可能性があることが7日、県立橿原考古学研究所の調査で分かった。塔のそばから7世紀後半の瓦が出土したためで、現在の西塔は平安時代に再建されたものである可能性があるという。

 同研究所が西塔の西と南側計40平方メートルを発掘したところ、南東部から江戸時代に掘られたとみられる廃棄坑が検出。廃棄坑からは奈良~江戸時代の瓦にまぎれ、寺が現在地に創建された、680年代の白鳳年間の軒丸瓦が含まれていた。

 建築様式などから東塔は750年ごろの奈良中期、西塔は平安前期に創建されたとされてきた。調査地からは9~10世紀の土器が埋められた柱穴約30基も見つかった。西塔を建設した際の足場跡と考えられ、現在の西塔が平安時代に建てられたことを裏付けた。

 西塔は心柱が八角形なのに対し心礎に掘られたほぞは円形で、心柱は心礎の中心から十数センチ外れている。明治時代の建築史学の研究者、足立康氏は現在の西塔は再建されたものだとする再建説を唱えていた。

 調査を担当した同研究所付属博物館の平松良雄主任学芸員は「廃棄坑は西塔で不要になったものを埋めたと考えるのが自然。伽藍(がらん)の建物の配置から割り出した基準線に照らしても、東塔より西塔が先に建設されたと考えられる」と話している。

●=葛の人がヒ

【関連記事】
謎の当麻寺 絶景スポットはここ!
国宝の東西両塔、創建以来初の公開 当麻寺
奈良の大安寺遷寺1300年 国際交流の歴史アピールへ
当麻寺西塔は飛鳥時代の創建? 橿考研が新説
当麻寺は不思議ワールド

<テニスシューズ>自主回収、靴底はがれ転倒の可能性(毎日新聞)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
河村市長 「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎など3市、埋却作業終了(毎日新聞)
帆の展開、すべて成功=宇宙ヨット「イカロス」(時事通信)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。